タブレットを売る場合の主な3つの方法

タブレットを買い替えるとき、その前に使っていた機種をそのまま手元に残しておくという人もいれば、もう使わないのだから持っていても仕方ないと処分する人もいます。
その処分の方法としておすすめなのは、買取してもらうことです。
いくらかでも買い取ってもらうことができれば、新しい機種の購入代金の足しになりますからね。

携帯キャリアで売るか、買取業者を利用するか、それともオークションに出品するか

買取の方法としてまず挙げられるのが、携帯キャリアのショップで下取りしてもらうことです。
これが一番無難な方法といえるのかもしれませんが、全国一律で買取金額が設定されているので思ったよりも高く買い取ってもらえないという不満を感じる人も少なくないようです。

次の方法としては、買取業者を利用するというものです。
買取業者によって査定の方法は異なるので、お店ごとに買取金額が違う場合がほとんどです。
したがって、複数のお店で買取見積もり査定を依頼して、その中から最も高値で買い取ってもらえるところを選べばいいわけです。
直接店舗に持って行かなくても郵送で買取してくれる業者もたくさんあるので、近くに店舗がなかったり忙しくて出向く時間のない人などに便利です。
また郵送に使うダンボールなどの梱包素材を用意してくれたり送料を負担してくれる業者も多いのもメリットです。

三つ目に、オークションで売るという方法もあります。
オークションでは思ったよりも高値で取り引きできるという可能性がある反面、逆に想定価格よりも安く売らざる負えなかった、あるいは買い手がつかなかったというケースがある点を認識しておく必要があります。
また、入札期間が必要なのですぐにはお金にならない、出品の準備や手間、落札者とのやりとりなどが面倒という人も少なくないようです。
さらに悪質な落札者による詐欺やトラブルなどの報告も珍しくないので注意が必要です。

タブレットを買取に出す際にはこれらの点について注意をしながら、自分に合った方法を選ぶといいでしょう。

関連する記事